Local columnist

門脇恵
門脇恵 佐賀市富士町 地域おこし協力隊
1985年東京都墨田区生まれ。
幼少期をスリランカ、伊勢で過ごし、埼玉県川口市へ。2014年に現在の佐賀県佐賀市富士町へ移住。富士町の地域おこし協力隊として林業を中心とした地域活性に取り組む。前職は生命保険の営業。土日は林業女子として山へ入ることもしばしば。任期終了後に何をするのか里山資源を持て余しながら模索中。日々、佐賀の里山暮らしを楽しんでいる。

http://blog.goo.ne.jp/fujimori0820


村岡昌一
村岡昌一 佐賀市水ヶ江
1964年佐賀市水ヶ江生まれ。
人生のほとんどの時間を、佐賀城址周辺で過ごしている。 幼い頃、川で洗濯をする「佐賀のがばいばあちゃん」のすぐそばで、魚を捕まえて遊んでいた。 「佐賀ではごく普通であたりまえのこと」だけれど、きらりと光る魅力的な佐賀をたくさんの人に知ってもらいたい。ねこ好きで甘党。
中島千明
中島千明 嬉野市 酪農家、チーズ職人、WEBディレクター
1989年嬉野市生まれ。
福岡大学卒業後、東京の個人飲食店を支援する会社に入社。築地部門を担当し、仲卸630件(当時)全店舗飛び込みを行う。飛び込みをしながら交流することで、働く人に興味を持つようになりSNSを使い築地の魅力を伝え、仲卸と飲食店をつなぐ懸け橋として活動。その後、地元嬉野へ戻り、実家ナカシマファームの酪農の仕事をしながらチーズ作りやWEBの制作、SNSを使いながら酪農や牛、牛乳の魅力を発信。2016年、初出品ながら、ジャパンチーズアワード(全国チーズコンテスト)にて出品した3つのチーズ全てが銀賞1つ、銅賞2つを獲得した。

http://www.nakashima-farm.com/


田中秀樹
田中秀樹 唐津市地域おこし協力隊
1971年生まれ。
小学4年生の頃、郷土史の「深堀義士」を調べていくうちに歴史に興味をもつ。会社員時代に、安土桃山時代の総合芸術である「変わり兜・甲冑」に出会い、その時代背景と共に、多種多様な造形の美しさに衝撃を受ける。2004年12月、戦国武将の精神性、変わり兜の美しさを、独自の現代的解釈で世に広めるべく、“もののふ”ブランドを設立。戦国・歴女ブームの火付け役。2014年10月より唐津市地域おこし協力隊として肥前名護屋城の広報戦略支援に携わる。特別史跡の名護屋城を戦国武将の聖地にすることが目標。

http://www.mononofu.net/

恵良五月
恵良五月 佐賀市富士町 農家
1974年、神奈川県生まれ。
大学でフランス文学を学ぶ。絵本と児童文学が好き。子どもの頃から「赤毛のアン」に憧れつづけ、田舎暮らしを夢見てきた。東日本大震災をきっかけに、「今こそ夢を叶えるとき」と一念発起し、佐賀市富士町へ移住し就農。主に夏野菜、ピーマン、ナス、トマト、ズッキーニなどを栽培。その他に米、ハーブ、原木椎茸、菊芋など。山での農業は厳しい。でも、佐賀での暮らしを楽しみ頑張っている。

https://plaza.rakuten.co.jp/SSsearch/


岡垣貴憲
岡垣貴憲 会社員 兼 あんこ屋
1972年鳥取県生まれ。
佐賀大学入学で鳥取より移り住んで以来、佐賀在住。卒業後、様々な会社を渡り歩き、広告やパッケージのデザイン、イベントや販促等の企画、マーケティング、Web制作、健康食品の商品企画、食品の販売、海外勤務などの、多種多様な仕事を対応してきた、何でもやりたがりの器用貧乏。現在、会社員として市内調剤薬局の販促物やホームページのデザインなどを行う傍ら、あんこ好きが高じて、副業で夜のみ営業する飲食店「夜のあんこ屋よなよな」を営業し、夜のあんこライフを楽しむ。

https://www.facebook.com/anko4747/

ページ上部へ